読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ど素人の僕がアフィリエイトが本当に稼げるのか検証するブログ

ど素人の僕がアフィリエイトが本当に稼げるのか検証するブログ

【ど素人】稼げるブログにするためには

あ、どうも、なおやです。

 

ど素人の僕が、アフィリエイトが本当に稼げるのか検証するのがテーマのこのブログなんですが、ブログ開設と、ASPに登録という最低限の準備ができました。

 

これで理論上は、アフィリエイトで稼げるようになったわけです。

でも稼げません。何故か?

 

読者がいないからだあああああああ

 

そうなんです、ブログを開設したなら、集客をしなければいけません。

ではどうすれば集客が出来るのか、についての記事です。

 

 

ブログに集客する

 

これについては先人ブロガー様たちが本当に数多くの記事を書いてくださってます。

かなりの記事を読んでみましたが、ひとつ言わせてください

 

なげぇ!!!

 

みんなアフィリエイトとして記事を書いてるようなので、仕方のないことなのかもしれませんが、前置きがもう、なげーのなんの。

なので

僕なりに完結に結論だけをまとめさせてください!

そっちの方がいいよね?笑

 

集客、そのためには

 

1 ニーズのある記事を書け。

2 検索されやすいキーワードをタイトルに入れろ。

3 ブログのテーマを一貫性のあるものにしろ。

 

以上!終わり!バイバーイ!!!!

 

はっはっは。

いえいえ、まだ終わりませんよ。

 

解説するか。(結局長くなるのでは)

 

1 ニーズのある記事を書け。

これなんですが、当たり前っちゃ当たり前なんですよね。

芸能人でもなんでもない僕らが「今日は8時に起きました」「今日の昼はラーメンです」「靴下が敗れました」とかいうクソしょうもない日記を書いててもお前の母ちゃんくらいしか見ねえだろ!!!!!!っていうわけですよ、ええ。

基本的にネットサーフィンしている人は、ほぼ、「何か悩みやわからないことがあり、それを解決しようと、検索をしている」と言えます。

 

そういった人たちに向けて、解決策を書いた記事を載せれば集客にも繋がりますよね?そういうことなんですよ。

さらに、解決策のあとに、それを解決してくるグッズの広告なんかを貼っときゃあもうみんな買ってくれるのではないか、って戦法なんですね。なるほどなるほど。

 

 

2 検索されやすいキーワードをタイトルに入れろ。

これも当たり前っちゃ当たり前ですよね。

せっかく頑張って1万文字の記事を書いてもタイトルが「靴下やぶれた」だと誰も見ねえよ!!!!!!!

わかりやすいのがスポーツ新聞とかですね、ちらっと見ただけで、大きな見出しがドーーーーーンと乗っている、あのスポーツ新聞です。

 

明石家さんまが離婚!?」「イチロー、満塁逆転さよならホームラン」

 

とかって書いていた方が「おっ?」と興味を引きますね、当たり前です。

だいたいのブログのお客さんがGoogleの検索から来るわけですからね。

 

3 ブログのテーマを一貫性のあるものにしろ。

 

1と2に関しては当たり前の話なんですが、3はほんの少しだけ専門性が出てきます。

例えば僕のテーマはテーマがそのままタイトルなんですが、

「ど素人の僕がアフィリエイトが本当に稼げるのか検証するブログ」

となっています。これはテーマです。

なので、自然と書く記事の内容はアフィリエイトのことだったり、ブログのことだったりWebマーケティングのことだったりします。

 

例えば、僕がこんな4つの記事を書いたとします。

「ラーメンは豚骨醤油に限る」

「アザラシの生態」

ペットボトルロケットで空を飛ぶ夢」

「日本の政治」

 

誰が読むねん!!!!!!!!!

 

こんなブログじゃ集客も見込めず、迷い込んできた新規の人も定着しません。

ラーメンブログならラーメンブログ、動物ブログなら動物ブログという具合に一貫性をもたせましょう。

 

 

まあこんな感じなんですが、話はまだ終わりません。

これらはいずれも、集客するため、つまり人間と戦う時の話です。

まず僕のような駆け出しど素人のブロガーが戦わなければいけないのは人間ではなく、Googleです。

 

「オラーーー!Googleeeeeeeee!!くらえ光速の右ストレェェェト!!!」

 

ではなく、上でまとめた3つの要素については、どう人間に読んでもらうかの話なんですが、そのためにはまず検索に表示されるようにならなければなりません。

そういう意味でGoogleと戦うと言ったのです。

 

では具体的にどうすれば?

 

Googleと戦う

結論から言います!

 

1 記事めっちゃ書く!!!!!

2 記事の内容がいい!!!!!

 

はい終わりです。

なんだー簡単じゃーんと思いました?これが一番難しいんですよ。

 

あくまでブログですから、最高の記事が大量にあれば最高なのは言うまでもありませんが、何故Googleと戦うために記事の量と質が求められるかというと、

Googleは記事の質と記事の量でブログを査定してます!

そして査定の評価が高ければ高いほど検索結果の上位に表示されやすくなります!(厳密には少し違いますが)

 

なので、いい記事をコツコツ書きためて初めて、人間と戦う準備が出来るってわけですね。

いやー、我ながらなかなか極論だなぁ。笑

 

 

こうすることで、検索上位に表示されやすくなって、新規の人が来やすくなり(定期読者になってくれるかはあなたとあなたの記事次第)、ブログとしてやっていけるのではないかというわけです。

 

 

ちなみにもう1つメリットがあります。

それはGoogleAdsenseです。

聞いたことある人もいるのではないでしょうか。

 

通常のアフィリエイトは基本的には、読者が購入してくれて初めて僕に報酬が発生しますが、これはクリックされるだけで報酬が発生するという優れものです。

 

1クリック20〜40円ほどらしいですが、読者を大量に抱えているブログだとGoogleAdsenseだけで数十万の売り上げにものぼるらしいです。すげー。

このGoogleAdsenseなんですが、早速始めようと思ってもだめなんです。準備がいるんです。

 

何故ならGoogle側がブログやサイトを審査するからですね、GoogleAdsenseを貼るにふさわしいサイトなのかどうかを。

この審査に通るための記事も、先人のブロガー様たちが多くの記事を書いてくださっていますので、そちらを大量に参考にさせていただきました。

詳しくはそちらを見ていただきたいのですが

 

Googleアドセンス審査に落ち続けた僕がついに見つけた合格方法!【2017年度版】 - はわわにっき!

 

【2017年4月改訂】厳格化したGoogle AdSenseに合格するための傾向と対策~絶対に合格するブログの作り方~ - ANAとマイルと陸と私-SFC修行始めました-

 

つまり、そこそこの内容量でそこそこの質の記事が10〜20記事ほどないと、GoogleAdsenseの審査に通らないのですね。(厳密にはほかの審査基準も多数あります)

 

なので簡潔にまとめさせていただきます!!!!!

 

まとめ

 

1 ブログ開設

2 はじめは誰も読んでくれないかもしれないが、そこそこの内容量のそこそこの質の記事を10〜20記事かく

3 GoogleAdsenseの審査に受かる!検索順位も上がってくる!読者がつく!ハッピー!!!

 

 

というわけです。

僕はこの記事が4記事目なので、まだまだ応募すらできないのですが、まあいわゆる下積み時代って感じでしょうか笑

ある程度の記事が溜まってきてやっとオーディションを受けられるって感じですね

 

頑張りますよーセイセイ!!