読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ど素人の僕がアフィリエイトが本当に稼げるのか検証するブログ

ど素人の僕がアフィリエイトが本当に稼げるのか検証するブログ

初心者に読んで欲しい、ブログを上位表示させるためのSEO!

あ、どうも、なおやです。

今日の記事はSEOについてです。

SEO?ああ、知ってるよ、キリトとアスナの・・・って人はぜひ読んでいってください。知ってる人は僕の知識が合ってるか教えてください。笑

 

 

SEOとは。

 

SEOってのはSerch Engine Optimizationの略らしくて直訳すると「検索エンジン最適化」だそうです。まだ言葉が少し難しいので、意訳すると、

「検索で上位表示するためのコツ」

って感じでしょうか。

 

ブログでアフィリエイトをするためには、アクセス数を稼ぎまくらないと話にならないわけで、ではブログに来るお客さんはどこから来るのかというとだいたいGoogleの検索結果から来るわけです。そのために、Google様に媚びへつらって上位に表示させてもらうためにどうすればいいかってことですよ!!検索上位常連になればそれに比例してアクセス数は増加しますからね。

 

では具体的にはどうすればいいのか!?

 

具体的なSEOノウハウ

1 検索されやすいキーワードをタイトルにする

2 キーワードを組み合わせる

 

これは基本中の基本で、細かいことは後ほど追加で解説します!

 

 

1 検索されやすいキーワードをタイトルにする

当たり前の話です。タイトルが「あ、あの・・・実は・・・」って記事が検索で出てくることなんかまずないですよね。わかりやすく「6億当たりました!画像あり!!」ってした方が検索もされやすいですし、中身も見たくなりますよね。

 

2 キーワードを組み合わせる

Googleで検索するユーザーはだいたいみなさんが複数のキーワードで検索していると思います。ハンバーグのレシピを知りたい人は「ハンバーグ レシピ」って検索しますよね?それに合わせて、こっちも検索されやすそうなキーワードを複数タイトルに盛りこみましょう。

 

そのためのコツなんですが、Googleがこういうサイトを出してます。

goodkeyword - Google/Bing/Yahoo関連キーワードツール

先ほどの例でいうと、ハンバーグと検索したユーザーが他にどんなキーワードと共に検索をしているのかを目視化してくれるツールです。

実際に使ってみると、「レシピ」「作り方」「美味しい」「ソース」などのキーワードと共に検索していることがわかります。

要するにこれをそのまま記事のタイトルにすればいいだけの話なんですよ

 

「美味しいソースのレシピも合わせて公開!絶品ハンバーグ!」

ってすると検索で出てきそうですね。

キーワードが「ハンバーグ」の1つだけだと、びっくりドンキーとかクックパッドとかいう大企業にたかが個人の1ブログの1記事が勝てる可能性なんて僕の足がある日突然すんごいラベンダー畑のニオイになるくらいありえませんからねぇ!!!!ピャー!!!

 

SEOの細かいコツ

 

Googleさんはどのサイトを上位に表示するのかという審査基準を持っています。

ただ、これは非公開であくまでGoogleの人にしかわかりませんし、頻繁にその基準を変更更新しているらしいのです。

なので、完璧にGoogleの審査基準に合わせて対策をとることは不可能です。

なので漠然とした対策をとる事しかできません。

以下、細かい知識やコツです。

 

・記事を大量にしよう

・有名ドメインは強い(はてなとかFC2とかライブドアとか)

・ユーザーの滞在時間を長くしよう

・毎日更新しよう

 

こんなところですが、滞在時間に関してだけ少しだけ解説させてください。

滞在時間とは「ユーザーがそのサイトに留まっている時間」です。

これが長ければ長いほど良質なサイトであり、短いと中身のないサイトだとGoogleは判断します。Google先生はそういうところまでキチンと見ているのです。暇か。

 

まとめ

 

1 検索されやすいキーワードをタイトルにする

2 キーワードを組み合わせる

 

こんな感じなんですが、ただ注意点が一つあり、あくまで、記事の内容が良質であることが大前提です。

Googleさんはそういうところ結構厳しくて、公序良俗に反しまくりのマジパネェサイトとか、中身がスッカスカのサイトとか広告貼られまくりのサイト等は下位に表示するようになってます。

 

 

いかがでしたか?SEOは実践したからといってすぐさま効果が現れるわけではありません。毎日コツコツ続けて真価を発揮するものなのです。

みなさんも毎日コツコツ続けてトップブロガーになりましょう笑

 

 

では!